燻製作りの流れ  [燻製の作り方]  [初心者]

燻製作りの流れはいたってシンプルです。

  1. 塩漬け
    素材を塩漬けにすることにより、水分を抜き、腐敗を防ぎます。もちろん味付けの効果もあります。
  2. 塩抜き
    せっかく塩漬けしたのに、塩を抜きます(笑)。しょっぱくなりすぎないように、塩分が均一にいきわたるように、塩漬けした素材の塩分を流水などで抜きます。
  3. ボイル
    素材によっては(ハムを作るときなど)、ボイルして素材に火を通します。殺菌効果もあります。
  4. 乾燥
    燻製は水分を抜くことにより、より長期間の保存が可能になります。塩で水分を抜いたあと、「風乾」という作業によりさらに水分を抜きます。ここまででいわゆる「干物」が完成します。
  5. 燻煙
    素材に煙をかけて独特の燻製の香りをつけます。殺菌・防腐効果があります。美味しく長期間保存できる燻製はこの燻煙作業により生まれます。
  6. 風乾
    燻煙後、煙の香りをなじませるために風にあてます。
  7. これだけのシンプルな作業で燻製は完成です♪

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集