アウトドア横丁ブログ置き場  [アウトドア]  [初心者]

アウトドア横丁のブログ記事置き場

このカテゴリでは、まとまりのないブログ記事を書いていってます。キャンプに行ったり、グッズをかったり、いろいろです。ここに書いた記事がそのうちまとめ記事としてそれぞれのカテゴリにまとめられていくはずです。(汗)

左のメニューから選んで参考にしてください。

自作スモーカー(燻製器)を一斗缶で作成記録5-完成?

自作スモーカー作成記録1
自作スモーカー作成記録2
自作スモーカー作成記録3
自作スモーカー作成記録4-完成?じゃないよ
からの続きです。

自作スモーカーとして愛用してきましたが、なんと熱源として使っていた
「空き缶炭火コンロ」
が錆びてきてしまいました。

空き缶を使っているので仕方ないのですが、ボロボロと崩れてきそうなので、熱源用炭火コンロを再度自作します。

今回のポイントは

  • 錆びない
  • 熱に強い
  • ある程度の大きさ
  • 炭の出し入れ構造を作る
  • 地面に直接置ける構造
といったあたりです。

炭を入れる箱ですが、食パン型 1.5斤を買いました。結構高くて千円超えました。
ミニ炭火コンロ用ケース

中に100均で買ったステンレス(本当?)網を曲げて入れました。

さて、このケースに空気取り込み用の穴を開けなければならないのですが、アルミ製じゃない(フッ素加工のなにか?)ので今までのように「釘」や「ネジ」では歯が立ちません。

そこで、とうとう買ってしまいました。
電動ドリル

電動ドリルです。数千円かかりました。もう、あとには引けません(汗)

ケースにドリルで穴をあけていきます。
電動ドリル

この自作ミニコンロを上に書いたように「炭火の出し入れ可能」で、「地面に直接置ける」ようにしたいので、台を作ってそこに引き出し型につけることにしました。

出来上がったのがこれだ!
ミニ炭火コンロ
引き出しから引き出すとこのように
ミニ炭火コンロ

後でとっても付けるつもり。

枠には30cmのラック作成用の金具を使いました。上に一斗缶スモーカーを載せて使います。(使用レポートはまた次の機会に)

ちなみに、上にスモーカーを載せなくても「焼き鳥コンロ」として重宝しそうです♪

結構、散財してしまいました。スモーカー買えたんじゃないかという気もしてきましたが。。。炭火コンロ付きってなかなかないので満足しています。

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集