スモークウッド比較 (進誠産業 SOTO キャプテンスタッグ)  [燻製]  [基礎知識]  [商品レビュー]

この比較記事はあくまでも僕の主観です。

スモークウッドを扱っているメーカーにもいろいろありますが、今までで、以下の3メーカーのスモークウッドを使ってきたのでその感想を書いておこうと思います。

  • 進誠産業
  • SOTO
  • キャプテンスタッグ

一番扱いやすい進誠産業


進誠産業スモークウッドヒッコリー

進誠産業のスモークウッドは、太く、硬く作られています。

なので、他のメーカのもののように「ぼろぼろと崩れてくる」ようなことがなく、手で「ぽきり」と切ってもほとんど屑が出ません。

また、火付き、火の持ちともにかなり良いです。

以前、自作スモーカーの記事でスモークウッドの火が消えてしまうということを書きましたが、進誠産業のスモークウッドに変えてから、消えることはなくなりました。(もちろん、スモーカーの改造のおかげもあると思いますが。)

SOTO/キャプテンスタッグは似たり寄ったり?

キャプテンスタッグのほうはスモークウッドの先端に着火剤がつけられていて、着火がしやすいという特徴があります。
ですが、着火剤が燃え切るまでは、「くさい臭い」が出ますので、逆に無いほうが良かったんじゃないの?と思います。

SOTOの方は、スモークウッドの下の方に溝があり、これで火が消えにくくなっているというのが謳い文句ですが、僕にはその効果がわかりませんでした。結構消えてしまいました。

両社ともウッドを手で切ろうとするとぼろぼろと崩れてきます。

肝心の香りは?

僕は、各社の香りの違いを感じ取れるレベルにはまだなっていません。m(_ _)m

ですが、火付き、火持ち、崩れにくさから、僕は、進誠産業を使っていくと思います。

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集