炭火・焚き火 それとも バーナー?  [基礎知識]

アウトドアといえば、アウトドア料理をわいわいと楽し く作ることが真っ先に思い浮かびますよね?


そんな時、料理の熱源として何を選ぶかというのは結構 悩ましいところです。


僕の場合まず、「バーナーを使わない」というのが基本でした。
なん かバーナーを使っちゃうと、アウトドアで自然を満喫とい う感じがなくなる気がするんです。
ちょっとくらい不便なほうが、アウ トドアらしい。かな。


もちろん、「バイクで一人アウトドア」という人なら「シングルバーナー 」しか選択肢がないのかも知れないですから、あくまでもこれは個人の思いで す。


で、残ったのが炭火焚き火です。


個人的に選ぶポイントは。

炭火

料理(バーベキュー、ダッチオーブン、燻製)がメインの人

炭火は、熾火(おきび)になると、しばらくほったらかしでも燃え続けてく れるので、手間がかかりません。
遠赤外線の効果で、バーベキューとか も美味しくできます。
ダッチオーブンの熱源とかは炭のなかでも豆炭が 良く使われるようです。

バーベキューコンロとか言って売っているものは「炭火」用です。

焚き火

アウトドアの雰囲気を楽しむ人

焚き火台とよばれる商品群があります。
近所のアウトドアショップの店員さんに聞いたのですがこれは、


「チロチロ燃える火を眺めたい人」


向けだそうです。


また、「焚き火台は炭火には向かない」とも言ってました。(空気の流れが 薪を重ねておいたときにうまく流れるようにできていて、炭向けにできてない そうです。)


僕は、結局まず「仲間とバーベキュー」できるようにバーベキューコンロ を最初に買いました。

Coleman(コールマン) ステンレス 2ウェイグリル3

機器購入の参考にでもなれば幸いです。

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集