基礎知識

炭火・焚き火 それとも バーナー?  [基礎知識]

アウトドアといえば、アウトドア料理をわいわいと楽し く作ることが真っ先に思い浮かびますよね?


そんな時、料理の熱源として何を選ぶかというのは結構 悩ましいところです。


僕の場合まず、「バーナーを使わない」というのが基本でした。
なん かバーナーを使っちゃうと、アウトドアで自然を満喫とい う感じがなくなる気がするんです。
ちょっとくらい不便なほうが、アウ トドアらしい。かな。


もちろん、「バイクで一人アウトドア」という人なら「シングルバーナー 」しか選択肢がないのかも知れないですから、あくまでもこれは個人の思いで す。


で、残ったのが炭火焚き火です。


個人的に選ぶポイントは。

炭火

料理(バーベキュー、ダッチオーブン、燻製)がメインの人

炭火は、熾火(おきび)になると、しばらくほったらかしでも燃え続けてく れるので、手間がかかりません。
遠赤外線の効果で、バーベキューとか も美味しくできます。
ダッチオーブンの熱源とかは炭のなかでも豆炭が 良く使われるようです。

バーベキューコンロとか言って売っているものは「炭火」用です。

焚き火

アウトドアの雰囲気を楽しむ人

焚き火台とよばれる商品群があります。
近所のアウトドアショップの店員さんに聞いたのですがこれは、


「チロチロ燃える火を眺めたい人」


向けだそうです。


また、「焚き火台は炭火には向かない」とも言ってました。(空気の流れが 薪を重ねておいたときにうまく流れるようにできていて、炭向けにできてない そうです。)


僕は、結局まず「仲間とバーベキュー」できるようにバーベキューコンロ を最初に買いました。

Coleman(コールマン) ステンレス 2ウェイグリル3

機器購入の参考にでもなれば幸いです。

ダッチオーブンの種類とコンボクッカー  [商品レビュー]  [基礎知識]

アウトドア用品の調理器具といえば、ダッチオーブンですよね。

一口にダッチオーブンと言っても、いろいろな種類があ ります。

キャンプダッチオーブン

ふたに炭が置けるので上火を利用してオーブン料理ができる。

キッチンダッチオーブン

主にキッチンで使うことを想定し、上に炭を置けない。

スキレット

重~いフライパン。

コンボクッカー

取っ手のついたダッチオーブン。スキレットを蓋代わりに使えるようになってる。


僕の場合、もともと「バーベキューセットあれば、鍋は要らないんじゃな い? 鍋料理なら家でもできるし。。。」という考えだったので、ダッチオー ブンにはあまり興味が無かった。


ところが、最近アウトドア(といっても、バーベキューと燻製)にはまってるという話を親戚の女性に話していたところ、なんと!


コールマンのコンボクッカーをもらってしまいました!!

Coleman(コールマン) グリルコンボクッカー(10インチ)


コールマンのコンボクッカー

と、言うことで「ダッチオーブンとコンボクッカーの違い」 と、「コンボクッカーの良い点・悪い点」をあわせて紹介します。

コールマンのコンボクッカー

そもそも、コンボクッカーは、キッチンで使えるように取っ手のついた鍋とスキレットがセットになっているもの。
スキレットを反対向けに鍋にかぶせると蓋代わりになって、ダッチオーブンの保温性能を発揮します。

ただ、コールマンのコンボクッカーは、一味違います。

コールマンのグリルコンボクッカー には、「鍋、スキレット、上蓋」の3点が入っています。

そして、なんと上蓋にふち(フリンジ)が付いているので炭火を置くことができます!!

コールマンのコンボクッカーの良い点

コンボクッカーの一番良いところはなんといっても、「鍋とスキレット(フライパン)が両方付いている」所でしょう。

スキレットが付くだけで料理の幅がぐんと広がります。

さらに、コールマンの場合は「蓋に炭がおけるので、上火を利用した料理ができる」という特典付きです。

これを利用すると、ピザとかが焼けます。
(レシピ書きました。コンボクッカーでピザ(サクサクとふわふわ))

コンボクッカーで焼いたピザ

さらに、専用の持ち運びケースがついていて、それに入れるとテニスにでも出かけるみたいです。(^o^)/
コールマンのコンボクッカー専用ケース

実際はすごく重い。。。(-_-;)

コールマンのコンボクッカーの悪い点

こんなコンボクッカーですが、悪い点もあります。(僕が気にしてるだけですが。。)

取っ手が付いてるのですが、ここがすごく熱くなります。

しかも、取っ手は一つなので、鍋にたくさんものが入っている状態では持てません

吊り下げようの金具でも付いてればよいのですが、付いてないので、移動することができず、料理の間も、料理が終わってからも、コンロをずっと占有状態になってしまいます。

鍋の持ち手と反対側に「蓋を引っ掛ける用の金具が飛び出ている」ので、そこにリフターを引っ掛けて、持ち手と両方で抱えるように持てば、一応むりやり運ぶことができます。


とはいうものの、とっても便利なので、これから使い込んでいきます。

Coleman(コールマン) グリルコンボクッカー(10インチ)

良い炭・悪い炭  [基礎知識]

バーベキューグリルを買ったらさそっく炭火でバーベキューを行うわけで す。


Coleman(コールマン) ステンレス 2ウェイグリル3

僕の場合、何の知識も無いので「ホームセンターで激安の炭」を買ってきたわけです。

ビックリしました。想像していた炭と違ってえらく細いです。

中には、炭になりきれていなくて「茶色っぽい」ものまで混ざってます。

さらに、火をつけるとなんか臭いです。火持ちもえらく悪いです。

後になって知ったのですが、これは「東南アジアのマングローブ」の炭らしいです。

こんな炭二度と使うか!と、きちんとした(?)アウトドアショップで、別の炭を探すことにしました。

そしてなんと、そのアウトドアショップでは「マングローブ炭は扱ってません」でした

アウトドアショップには、目の肥えたお客さんが来るので、下手なものは置けないようです。

私は「岩手の切り炭」と、「オガ備長炭」というのを買いました。(本物の備長炭はえらい高かった。。。)

ショップの店員さん曰く、オガ備長炭は、においも無く、火持ちもいいので、お勧めだそうです。

ちなみに、備長炭は火付きが悪いので、「切り炭」を別途買っておいたほうがいいです。(着火剤が好みの人はそっちでもいいですけど。。)

と、言うことで安い炭にだまされないように。

スモークウッド比較 (進誠産業 SOTO キャプテンスタッグ)  [燻製]  [基礎知識]  [商品レビュー]

この比較記事はあくまでも僕の主観です。

スモークウッドを扱っているメーカーにもいろいろありますが、今までで、以下の3メーカーのスモークウッドを使ってきたのでその感想を書いておこうと思います。

  • 進誠産業
  • SOTO
  • キャプテンスタッグ

一番扱いやすい進誠産業


進誠産業スモークウッドヒッコリー

進誠産業のスモークウッドは、太く、硬く作られています。

なので、他のメーカのもののように「ぼろぼろと崩れてくる」ようなことがなく、手で「ぽきり」と切ってもほとんど屑が出ません。

また、火付き、火の持ちともにかなり良いです。

以前、自作スモーカーの記事でスモークウッドの火が消えてしまうということを書きましたが、進誠産業のスモークウッドに変えてから、消えることはなくなりました。(もちろん、スモーカーの改造のおかげもあると思いますが。)

SOTO/キャプテンスタッグは似たり寄ったり?

キャプテンスタッグのほうはスモークウッドの先端に着火剤がつけられていて、着火がしやすいという特徴があります。
ですが、着火剤が燃え切るまでは、「くさい臭い」が出ますので、逆に無いほうが良かったんじゃないの?と思います。

SOTOの方は、スモークウッドの下の方に溝があり、これで火が消えにくくなっているというのが謳い文句ですが、僕にはその効果がわかりませんでした。結構消えてしまいました。

両社ともウッドを手で切ろうとするとぼろぼろと崩れてきます。

肝心の香りは?

僕は、各社の香りの違いを感じ取れるレベルにはまだなっていません。m(_ _)m

ですが、火付き、火持ち、崩れにくさから、僕は、進誠産業を使っていくと思います。

炭の火起こしの極意(炭の断熱効果を使おう)  [基礎知識]

炭の火起こしは、なかなか厄介ですが、今回火起こしのポイントをつかんだ気がするのでメモっておきます。

なお、最初の着火部分は、自作チャコスタで、煙突効果を利用して着火します。

今回は、着火した炭を増やす部分です。

僕は、普段自作チャコスタ愛用しているわけですが、いかんせん「お茶の缶」で作ったのでそれほど大量の炭が入るわけではありません。
ですが、ダッチオーブンとかを利用するようになると「大量に炭が必要」になります。

炭火を扱う上で知っておくべき炭の性質は以下のようなところです。

  • 炭はあったまってないと火がつかない(つきにくい)
  • 炭は温度が下がると消えやすい
  • 言い換えると、炭は1個だと消えやすい

例えばダッチオーブンの上火として炭をいくつかダッチオーブンのふたの上に並べたとします。
まだダッチオーブンのふたが温まっていない場合、炭はふたによって冷やされて簡単に消えてしまいます。。

つまり、ダッチオーブンなどの温まりにくいものを炭火で熱する場合、「大量にかためて」炭を置く必要があるのです。

これは、炭火を増やす場合にも当てはまります。

炭を
○●
というように並べる(○=火がついている。●=火がついていない)と、右側の炭の左より(火がついている炭に近いところ)が熱せられて火がつくのですが、右側の炭の右側は、「空気に触れているだけ」であるため温度が低く火が回っていきません。

ところが、炭を
●●
○●●
というように並べると、○の右横の炭は、○からの熱と、右端と上の●による断熱効果で熱せられ、最終的に
●●
○○●
となるのです。

ということで、炭火を大量に作る場合は、「どんどん重ねて行って断熱効果で内部を熱くする」という方法が良いということです。
(但し空気の流れ道は考えましょう。うちわで扇いで強制的に酸素を送り込むのも良いです。)

ダッチオーブンのふたを熱する場合も、
●●
○○●
|-------------------|
という風にかためておいて、ふたが熱せられてから炭をふたの上に広げると良いです。

以上、豆知識でした。

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集