パン系

ピザの作り方 - サクサクとふわふわ  [レシピ]  [パン系]

コンボクッカーのスキレットをオーブンがわりに使って作るピザのレシピです。

先日、Coleman(コールマン) グリルコンボクッカー(10インチ)を手に入れたということを書きました。
(ダッチオーブンみたいなコンボクッカー)
で、コンボクッカーのスキレット(フライパン)の部分と上火用のふたを使うと、オーブン代わりになって、ピザを焼けるということを書きましたが、今回は、そのレシピです。

ピザの材料

ピザ生地の材料

今回は「ふんわりパン生地ピザ」「サクサク生地のピザ」の2種類を作ってみます。

といっても、この二つの生地の違いは、「強力粉と薄力粉の割合」と「砂糖の有無」だけなんです。

こんなちょっとした違いでぜんぜん歯ざわりの違うパン生地ができるのがパン作りの奥深いところですね。

ふんわりピザの生地

  • 強力粉: 300g
  • ドライイースト: 6g(小さじ2)
  • 砂糖: 小さじ 2
  • 塩: 小さじ 1
  • オリーブオイル: 小さじ 2
  • 水: 200g

サクサクピザの生地

  • 強力粉: 100g
  • 薄力粉: 200g
  • ドライイースト: 6g(小さじ2)
  • 塩: 小さじ 1
  • オリーブオイル: 小さじ 2
  • 水: 200g

ピザのその他の材料

生地以外は、ピザソースとか、チーズとか上に載せる具を用意することに なります。この辺はお好みで用意してください。(ピザソースの自作はまだや ったこと無いのでレシピ書けませんorz)

ピザの作り方

ピザ生地の準備

  1. 粉、イースト、塩、砂糖(ふんわり生地の場合)、水(人肌程度にあたためて)をボールに入れてこねます
    最初は、かなり指にまとわりつきます。
    ピザのこね始め
    我慢して、粉も水も足さないでこね続けるとだんだんまとまってきます。
  2. ある程度まとまったら、まな板に出してさらにこねます
    分量のオリーブオイルを混ぜ込み、バンバンとまな板にたたきつけながら、20分くらいこね続けます。
    指で引っ張ったときにちぎれずに薄く延びる程度までこねます。
    ピザのこね終わり
  3. 発酵機能のあるレンジ等で、30分程度発酵させます。(2倍くらいに膨らみます。)
  4. 膨らんだ生地をぐぅーっと押して、ガス抜きをします。
  5. 生地を包丁等で6つに切り分け、表面を残しながら丸めます
    手でちぎったり、再度こねなおしたりしないように。

バーベキュー等で外に持っていく場合は、ここまで準備して冷蔵庫で冷やして発酵を止めて、冷やしたまま現地にもって行きましょう。

さぁ!ピザを焼こう

自作チャコスタで、火をおこします。
自作チャコスタ

Coleman(コールマン) グリルコンボクッカー(10インチ)のスキレットとふたを熱します。
ちなみに、この上火の炭の量ではちょっと少なかったようなので、もう少し強火にしてもいいと思います。
コンボクッカーのスキレット

ピザ生地を投入して、ピザソース塗って、チーズと具を載せて、ふたをして焼きあがりです。
コンボクッカーで焼いたピザ

ピザ実食

是非、2種類の生地を食べ比べてみてください。
それぞれ異なる美味しさで、甲乙つけがたいです。

生地だけ用意して冷やして持っていけば、みんなでわいわいとバーベキューの横でピザが焼けます。これも、上火可能なスキレットのおかげですね。

試してみてください。

手作りクロワッサンのレシピ  [レシピ]  [パン系]

今回はアウトドアとは関係のないレシピです。

以前、コンボクッカーでピザを作りましたが、僕にとってのパンの王様であるクロワッサンとデニッシュに挑戦してみたくなり、やってみました。

クロワッサンの材料(10個くらい)

クロワッサン生地の材料

  • 強力粉: 160g
  • 薄力粉: 40g
  • ドライイースト: 2g
  • 砂糖: 16g
  • 塩: 3g
  • 牛乳: 60cc
  • 水: 50cc
  • 卵: 20g
  • 無塩バター: 20g

クロワッサン折り込み用

  • 無塩バター: 120g

クロワッサンの作り方

生地の材料(水と牛乳は人肌に温めて)を混ぜ合わせます。

最初はかなり指にくっつきますが、気にせずこねます。

しばらくこねて、まとまってきたら、まな板等の上でさらにこねます。

クロワッサンの生地をこねる

平行して、生地折り込み用のバターをラップではさんでめん棒で伸ばします。(5mmくらいの厚さに。ある程度あったまってからでないとうまく伸ばせません。)

クロワッサンの折り込み用バター

生地が指で引っ張っても切れないで伸びる感じになったら、ラップして30分ほど冷蔵庫で寝かせます(ベンチタイム)。
バターも、溶けてしまわないように冷蔵庫に入れておきます。

寝かせた生地を取り出し、めん棒で薄く延ばし、上に折り込み用バターの板(?)を乗せて包み込みます。

クロワッサンの生地をのばす

生地を縦に長く伸ばして、それを3つ折にします(布団をたたむように??)。

生地を90度まわして、また縦に長く伸ばして、3つ折にします。これを、3回行います。
(生地内のバターが柔らかくなりすぎているようなら、途中で冷蔵庫に入れてください。)

出来上がった生地を、「二等辺三角形」に切って丸めればクロワッサン。「四角く切って、内側に切込みを入れてねじれば(うまく説明できない。。。)」デニッシュになります。

デニッシュ生地のたたみ方

お好みで、チーズをまいたり、クリームチーズを乗せたり(デニッシュにクリームチーズ&オレンジジャムが僕の好みです)するとバリエーションが出ます。

40分ほど、発酵させて200℃で15分焼けばできあがりです♪
ちなみに、焼いた後、結構バターが溶け出してきます。(バターの抜けたところが空間になって、あの、サクサク歯ざわりが出ます。)
もったいないので、溶け出たバターは後で料理にでもつかいましょう。

手作りクロワッサンとデニッシュ

クロワッサンとデニッシュ実食

美味しい。完全にそこらへんのパン屋さんの上を行ってます。

焼きたてで、バターの香りに包まれて幸せになれます。

是非お試しを!!

自家製炭火焼ハンバーガーレシピ(激うま)  [レシピ]  [パン系]

秋晴れの空の下、炭火焼ハンバーガーを作りました。
自家製炭火焼ハンバーガー

アウトドアで味わうハンバーガーは格別のおいしさです。
では、ハンバーガーのレシピをどうぞ。

自家製炭火焼ハンバーガーの材料(6個分くらい)

ハンバーガーバンズの材料

  • 強力粉: 220g
  • 薄力粉: 30g
  • ドライイースト: 3g(小さじ1)
  • 砂糖: 25g
  • 塩: 5g
  • 牛乳: 50cc
  • 水: 110cc
  • 無塩バター: 20g

ハンバーガーパティの材料

  • ひき肉(牛でも合挽きでもどちらでもOK): 600g(ダブルバーガーとかやりたい人はもっと)
  • ナツメグ: 小さじ1くらい
  • 塩コショウ: 適宜
  • 黒コショウ: 適宜

ハンバーガーその他材料

中身はお好みなので、自由にアレンジしてください

  • トマト: 一個
  • 玉ねぎ: 半分
  • レタス: 適当(適量)
  • ベーコン: 適当(適量)
  • チーズ: お好みで

自家製炭火焼ハンバーガー。バーベキュー前の準備

ハンバーガーバンズの生地の準備

生地の作り方は、基本的にピザの作り方で紹介した方法とほぼ同じです。

  1. 生地の材料(バター以外)をボールに入れてこねます。(水と牛乳は人肌程度に温めて入れます)
    最初は、かなり指にまとわりつきます。

    我慢して、粉も水も足さないでこね続けるとだんだんまとまってきます。
  2. ある程度まとまったら、まな板に出してさらにこねます
    分量のバターを混ぜ込み、バンバンとまな板にたたきつけながら、30分くらいこね続けます。
    指で引っ張ったときにちぎれずに薄く延びる程度までこねます。
  3. 発酵機能のあるレンジ等で、60分程度発酵させます。(2倍くらいに膨らみます。)
  4. 生地を包丁等で6つに切り分け、表面を残しながら丸めます
    手でちぎったり、再度こねなおしたりしないように。
  5. 固く絞った濡れ布巾をかぶせて、30分程度ベンチタイム(休ませる)をとります。
  6. 発酵機能のあるレンジ等で、30分程度最終発酵させます。

バーベキュー等で外に持っていく場合は、ここまで準備して冷蔵庫で冷やして発酵を止めて、冷やしたまま現地にもって行きましょう。

ハンバーガーパティ

  1. 氷水につけて痛くなるくらい冷やした手で、肉をこねます
  2. 白っぽくなってきたら、ナツメグ、塩コショウ、挽きたての黒コショウを入れて混ぜ合わせます
  3. 丸く、薄く成型します。焼くと縮むので少し大きめに
  4. 表面に薄くサラダ脂を塗って(網くっつき防止用)冷やしておきます

冷やしたままバーベキュー会場にもって行きましょう

その他の具の準備

  • トマト、薄切り(5mmくらい)
  • 玉ねぎ、薄切り(5mmくらい)。水にさらして辛みを取る
  • レタス。ちぎる。
  • その他適当に

自家製炭火焼ハンバーガー。さぁ!焼こう

自作チャコスタで、火をおこします。
自作チャコスタ

Coleman(コールマン) グリルコンボクッカー(10インチ)のダッチオーブンを熱します。
これくらい載せないと温度が上がりません。(特に、ダッチオーブンが冷えている状態の場合、炭が少ないと消えてしまうので、温まるまでは炭は、かためて置くようにします。)
ハンバーガーバンズを焼くダッチオーブン

下火は、弱めで良いです(木炭4~5個)

ハンバーガーバンズの生地を投入して、上に軽く卵水を塗って、10分くらい焼けば焼き上がりです。

平行して、パティを焼きます。

ハンバーガーパティを炭火で焼く

脂が滴って火が上がりやすいので、炭を移動させて、温度の低い場所をあらかじめ作っておきましょう。
ひっくり返して、とろけるチーズを載せるとチーズバーがになります

ベーコンもついでにカリカリになるように焼いておきます。(目指すはベーコンチーズバーガー)

出来上がりと実食

僕の好みはこんな感じです(高カロリー)

  1. バンズを二つに切る(お好みでバターを塗る)
  2. レタスを敷く
  3. パティを載せる
  4. ソースとケチャップを混ぜたものを載せる
  5. ベーコンを載せる
  6. トマトと玉ねぎを載せる
  7. マヨネーズを載せる
自家製炭火焼ハンバーガー

美味しいです。売り物より美味しいです。
炭火焼ならでわの香ばしい肉で大満足のおいしさ。
バーベキューで人気者になりましょう。

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集