アウトドア

アウトドア横丁へようこそ  [アウトドア]  [初心者]

アウトドア横丁へようこそ!!

このサイトでは、最近(?)アウトドアでのいろいろなことにはまりつつある僕が、ブログのような情報サイトのようなこのアウトドア横丁を通して、アウトドアの楽しみを一方的に綴っていきます。

お気に入り(お勧め)の雑誌

アウトドアグッズ特集

コールマン特集 ユニフレーム特集 スノーピーク特集

もっと詳しくアウトドアグッズ・レシピ本

アウトドア横丁ブログ置き場  [アウトドア]  [初心者]

アウトドア横丁のブログ記事置き場

このカテゴリでは、まとまりのないブログ記事を書いていってます。キャンプに行ったり、グッズをかったり、いろいろです。ここに書いた記事がそのうちまとめ記事としてそれぞれのカテゴリにまとめられていくはずです。(汗)

左のメニューから選んで参考にしてください。

Hugoで新しいサイト作った

今、このサイトは自作の静的サイト生成(static site generator)スクリプト(Ruby)で作ってたのですが、いろいろ改善しようと思ってる間にオープンソースで便利そうなのが出てきてしまったので、一旦そちらで新サイト開始します。

新しいサイト↓↓プログラミングのことも少しは書く予定

enjoyall | enjoyall

利用したStatic Site Generator

The world’s fastest framework for building websites | Hugo

キャンプしよう!  [アウトドア]  [キャンプ]  [初心者]

キャンプを楽しもう!!

このカテゴリでは、下のようなキャンプの楽しみ方を紹介しています。左のメニューから選んで参考にしてください。

レシピ  [アウトドア]  [レシピ]  [初心者]

アウトドアで美味しい料理を作って食べよう!!

このカテゴリでは、下のようなアウトドア料理のレシピを紹介しています。左のメニューから選んで参考にしてください。

牡蠣(カキ)の燻製

寒くなってきて、また燻製の季節がやってきました。

今回は、この時期美味しい「牡蠣」の燻製です。

そのまま食べて、残りをオリーブオイル漬けにして、2度美味しいです。

牡蠣の燻製(オイル漬け)の材料

メインの材料

  • 牡蠣(加熱用のほうが美味しい): 200g
    ちょっと足りなかった。もっと作ることをお勧めします。

ピックル液/ソミュール液の材料

慣れている人なら「ふり塩」でいいと思います。

  • 水: 250g
  • 塩: 20g
  • 砂糖: 20g
  • ローリエ: 1枚
  • セージ: 少々
  • コショウ:少々
すべての材料を入れて5分くらい煮立たせる。

燻煙材

  • りんご
  • さくら
  • ヒッコリー
  • ザラメ

牡蠣の燻製(オイル漬け)の作り方

  1. 牡蠣をよく洗う
    よく洗った牡蠣
  2. ボイル: 沸騰したお湯で3~5分ゆでる。(ゆですぎると縮むので注意)。
    お湯が多すぎるとエキスが抜ける気がするので、袋に入れてやったほうがいいかも。
    牡蠣をゆでる
  3. ソミュール液に30分つける:結構短くてよい
    牡蠣をソミュール液に漬ける
  4. 風乾: 2時間
    網にオリーブオイルまたは酢を塗って、その上に牡蠣を並べて風乾します。
    牡蠣の風乾
  5. 燻煙: 80 - 100℃ : 30分
    すでにボイルしているので、煙をバンバン出しながら30分ほど熱燻してやればOKです。
    牡蠣の燻製
  6. 風にさらして、なじませて完成
  7. 食べきれなかったものはオイル漬けに(オリーブオイル)
    牡蠣の燻製オリーブオイル漬け

牡蠣の燻製(オイル漬け)実食

手軽で、とっても美味しいです。冬の定番メニューになりそう

一回で二種類(そのままと、オイル漬け)の味が楽しめるので、お得な感じです。

次回は、もっと大量に作ろうと思いました。試してみてください♪

アウトドア関連書籍  [アウトドア]  [書籍]

このカテゴリでは、下のようなアウトドアの関連の書籍情報を紹介しています。左のメニューから選んで参考にしてください。

燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集

燻製を作りたくなって、本屋で本を物色して、最終的に選んだのがこの本です。

燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)
リリース日:2002-12
著:片山 三彦
エディション:大型本
販売元:地球丸
メーカ:地球丸
価格:¥ 1,890
おすすめ平均
Amazonで詳細を見る

なんといっても、燻製の写真がとっても美味しそうなのが魅力です。

あと、内容も「燻製作りの基本に忠実」です。

「簡単」とか「台所でできる」とかを売りにしている本は、だいたい「熱燻」で、短時間に煙焼きにする感じの内容が多いのに対し、この本では「28日間かけて冷燻で生ハムを作る」という濃いぃ~い内容となっています。

手軽な本は、手軽な本として一冊は欲しいけど、やはりこれくらい真剣な本もいいですよね。

この本を見て、ベーコンを作って食べたいと思わない人はいないでしょう。

--- 追記 ---

ショックです。本屋で、上記とほぼ同じ内容(メインの著者が同じ)で、かつ、追加としてプロによるソーセージ・生ハム作りのレシピが載っている本がありました。

週末に楽しむ燻製づくり―初めてでも失敗しない (まっぷるナチュラルBOOK)
リリース日:2007-03-05
エディション:大型本
販売元:昭文社
メーカ:昭文社
価格:¥ 1,260
おすすめ平均
Amazonで詳細を見る

この本に買い換えたいです。。。。追加レシピのために買うのは気が引けます。これから買う人は、こちらの本のほうがいいと思います。

燻製器・スモーカー(楽天) バーベキュー用品(楽天) グルメ(食品)(楽天) スポーツ・アウトドア(楽天) 書籍アウトドアクッキング(Amazon) 書籍アウトドアガイド(Amazon) アウトドアグッズ(Amazon) アウトドア雑誌ガルヴィ(Amazon)
コールマン特集